古舘春一原作によるTVアニメ「ハイキュー!!」のステージイベントが、千葉・幕張メッセにて開催中の「ジャンプフェスタ2019」ジャンプスーパーステージにて本日12月22日に開催された。 左から孤爪研磨役の梶裕貴、日向翔陽役の村瀬歩、影山飛雄役の石川界人、月島蛍役の内山昂輝。  本日のジャンプスーパーステージラストを飾る本ステージ。イベントの冒頭では「ハイキュー!!」のマスコットキャラクター、ヒナガラスとカゲガラスが戯れ、観客を和ませた。そして日向翔陽役の村瀬歩、影山飛雄役の石川界人、月島蛍役の内山昂輝、孤爪研磨役の梶裕貴がステージに現れると、待ちわびていた観客たちからの大歓声が上がった。ジャンプフェスタの「ハイキュー!!」のステージに初登場となる内山と梶は、その盛り上がり具合に驚きの表情を浮かべていた。 「ハイキュー!!」ステージイベントの様子。  まずは村瀬の司会で、原作で烏野高校が激戦を繰り広げている春高にスポットを当てた振り返り企画「春高ふりかえり」を実施。名シーンとともに、椿原学園、稲荷崎高校、音駒高校との試合の様子が紹介された。人気の高い宮侑・治兄弟が所属する稲荷崎高校のシーンでは、より一層の大きな歓声が上がる。まだ本誌の展開まで読んでいなかったという内山はネタバレを警戒するも、村瀬にたしなめられていた。また3回戦目は、因縁の対決となる烏野と音駒の激戦。本日の登壇者の中では唯一音駒の選手役である梶は、悔しいという本音を正直に吐露した。 「ハイキュー!!」ステージイベントの生アテレコの様子。  そして音駒戦のワンシーンを、作中の原画にあわせて生アフレコをすることに。4人の迫力の演技と臨場感あふれる試合展開に、会場から大きな拍手が沸き起こる。またコマ撮りアニメで制作された人形アニメを披露するコーナーでは、村瀬と石川が再び生アテレコ。コミカルで楽しい演技を披露した。 「ハイキュー!!」の新情報を発表する告知コーナーでは、情報解禁されたばかりの舞台「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“東京の陣”」より、孤爪研磨役の永田崇人と、黒尾鉄朗役の近藤頌利からのビデオメッセージも紹介された。 アニメ「ハイキュー!!」新ビジュアル  さらに本イベントでは、TVアニメ「ハイキュー!!」の新シリーズの制作決定を発表。待ちに待った新シリーズ制作を受け、客席には会場が震えるほどの歓声が巻き起こる。キャスト陣にとっても待ちわびた新シリーズ。4人はアニメの続きを演じられるうれしさを語り、会場のファンとともに喜びを味わった。 「ハイキュー!!」ステージイベントの様子。  そして最後には古舘から届いた、アニメ新シリーズ制作発表を受けた喜びのイラストを公開。会場に集まったファンと共に、お馴染みの「お疲れした!」のコールでイベントを締めくくった。

関連記事